2015-03-24

鹿日記をご覧のみなさん、こんにちは!

だんだんと暖かい日も増え、新生活を始める準備をしたり、新しいことに挑戦したりするにはぴったりの季節となりました。ディアーズも「Carry Out」をスローガンとし、気持ちを新たに走り始めたところです。

そこで、今回は3月1日より2015シーズンがスタートしたLIXILディアーズの選手の様子をお伝えしたいと思います。

まずは14日の練習前の出来事です。そろそろミーティングが始まる頃かと思い、選手の様子を伺ってみると、RBの選手が全員で白いTシャツを着ています。不思議に思いよく見てみると、それはただの白いTシャツではありませんでした!なんとRB#28山城選手からRB陣へのお土産で、GOLDCOASTやAUSTRALIAといったロゴの入ったお揃いのTシャツだったのです。お土産をもらってすぐに袖を通し、嬉しそうに着ている姿が微笑ましかったです。

お揃い繋がりということで、ポジショングッズについても紹介していきます!ディアーズでは、それぞれのポジションで趣向を凝らし、トレーナー、パーカーなど様々なグッズをデザインしています。その中でも、一際おしゃれなグッズを作っているWRQBに注目してみました!15日にちょうどグッズが出来上がるということで、ぜひ写真を撮らなくては!と楽しみにしていました。そして、15日、ミーティングをしているところにお邪魔して、写真を撮らせてもらいました。これをきっかけに、他のポジションのグッズにも注目していきたいです。

さて、試合では見られない選手の姿は、いかがでしたでしょうか。こういった仲の良さも、ディアーズの魅力の一つかなと思います。これからは、グランド以外の選手の様子もみなさんにどんどんお伝えしていきます!

(マネージャー 和智優音)

diary-20150314-1diary-20150314-2 diary-20150314-3diary-20150314-4

2015-03-23

diary-20150306-1diary-20150306-4

3月7日(土)に私たちが楽しみにしている地域の恒例行事「朝日に向かってチャレンジ!!20キロハイク」に参加させていただきました。運動が大好きな私たちにとって、ビッグイベントです。普段練習をしている柴崎グランドからとても近い調和小学校の保護者の方々が主催しています。調和小学校の生徒さんたちと一緒に、DL藤田選手、DL#99海老澤選手、RB#39大野選手、LB#53金山選手がディアーズを代表して参加しました。マネージャーは今回参加することができず、残念でしたが選手の達成感にあふれる顔を見て、とても嬉しく思いました。

午前中は雨が降り、次の日も雨予報でしたが、皆さんの思いが届いたのか、当日、雨は止み曇りで暑すぎず寒すぎず、歩くのにちょうどよい天候で、子供たちと楽しく20キロ歩くことができたそうです。

保護者の方々、先生方、おやじ倶楽部の方々ありがとうございました。皆さんの応援をいただいて、これからもディアーズは頑張っていきます。応援宜しくお願いいたします。

●RB#39 大野 将樹

鹿日記をご覧の皆様、こんにちは!初登場のRB#39大野です。

今回小学生との20kmハイクに参加し、何より小学生の明るさに救われました。 私自身、ただひたすら歩く、走るといったことが苦手で、正直不安がかなり大きい中での参加でした。ですが、小学生たちは辛そうな姿を見せながらも、最後まで明るく元気に歩き切っていました。そんな小学生たちに勇気づけられ、私も最後まで歩き切ることができました。

また、地域住民の方々の温かさを感じた1日でもありました。特に久野会長をはじめとするおやじ倶楽部の方々、またお母様方に支えられていると実感しました。個人的にも、社会人として色々お話をすることができ、勉強になりました。父兄の方々、小学生など、様々な方々に支えられてディアーズは成り立っているのだと実感したイベントになりました。今後も何がしかの形で、応援して頂いている地域の皆様に恩返しが出来ればと思います。

まずは、 日本一という最高の形で恩返しができるよう、気持ちを新たにして新シーズンに臨んでいきたいと思います!

●LB#53 金山 拓実

鹿日記をご覧の皆様、初めまして!LB#53金山です。

私たちは21時に調和小学校の体育館に集合しました。すでに小学生たちのはしゃいでいる声が外まで聞こえていて、出発まで時間があったので小学生を観察していましたが、休憩することなく元気に走り回り、私は小学生の元気さに圧倒されました。笑

そして班長として5年1組、2組、3組の3班とハイクすることになりました。柴崎駅から電車で平山城址公園まで行き、23時ごろにスタートしました。多摩川沿いを小休憩をとりながら歩き、始めは元気に走り回っていた子供たちも徐々に疲れが見え始め、「あと何キロ~?」という声が聞こえてきました。深夜3時ごろにカップラーメンを食べて休憩し、そこから4時間ほど歩いて無事ゴールの調和小学校に到着。ゴールしたあと、小学校ではお母さん方が用意してくれたあたたかい豚汁とココアを頂きました。疲れた体にあたたかい豚汁とココアは格別でした!最後は写真を撮って解散となりました。しんどかったですが、小学生たちと楽しくやり遂げることができとても良かったです。

最後になりましたが、温かくサポートしてくださった保護者の皆様、先生方、おやじ倶楽部の皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

diary-20150306-3 diary-20150306-2

 

2015-03-04

diary-20150222-10 diary-20150222-2
2月22日(日)、調和小学校の体育館にて行われたちょうわ地区協議会主催、「第4回健康フェスティバル」に参加させていただきました。第一回から継続しての参加はもちろん、このイベントはアメフトのデモンストレーションや体験コーナーを行い、ディアーズから健康促進を促すようなイベントになっています。私たちも地域との距離の近さを感じることのできる楽しみなイベントです。参加したのは#8長谷川選手、#16尾林選手、#75橋本選手、#56服部選手、#11前田選手、#10大和田選手、#28山城選手、#32前川選手、#55森選手、#17天谷選手の計10名の選手とチアリーダーです。それでは会場の様子をお伝えします!
 

 

diary-20150222-9
●TE#8 長谷川 賢吾
鹿日記を御覧の皆様、こんにちは。
TE#8の長谷川です。少しずつ暖かい日も増えてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
先日参加しました健康フェスティバルでは、我々ディアーズはアメフトのちょっとした実技と、体力測定の補助を担当させていただきました。
体力測定では、地域のイベントということで近くにお住まいの方々が沢山いらしていましたが、
中でもご高齢の方々の測定結果が非常に高く、とてもお元気だったことが印象に残っています。
今回の参加を通じて、地域の方々に我々ディアーズの存在とアメリカンフットボールの魅力を少しですが伝えられたのかな、と思いますが、もっと地域の方々に応援して頂けるチームになれるよう、これからも頑張らなくては!と改めて感じました。

 

 

diary-20150222-7
●RB#32 前川 真一
鹿日記をご覧のみなさん、こんにちは!初日記のRB#32前川です。
健康フェスティバルの前にアメフト体験コーナーがあり、たくさんの子供達がアメフトを体験してくれました。LIXILディアーズと電通大クラッシャーズによるアメフト模範演技やチアリーダーのパフォーマンスで会場を盛り上げました。長座体前屈の種目で測定のお手伝いをしましたが、参加された皆さんの体の柔らかさに驚かされました。会場に居た皆が笑顔で楽しく、お互いを応援しながら体力測定を行っていました。
健康フェスティバルに参加できた事を嬉しく思います。ちょうわ地区協議会の皆様、ありがとうございました。
 

 

 

diary-20150222-10 diary-20150222-2
diary-20150222-10 diary-20150222-2
diary-20150222-10 diary-20150222-2

2015-02-10

2月6日(金)LIXILの本社である霞が関ビルディングにて、LIXILディアーズ2014シーズン報告会が行われました。
藤森社長を始め、役員や社員の方々の温かい拍手の中、選手、DEERくん、森ヘッドコーチが入場し、報告会が始まりました。野口統括部長より開会の挨拶があり、昨シーズンの表彰式に移りました。
 ここで、表彰された選手と、その受賞理由を掲載します。

・Special Teams Player of the Year(キッキングチーム最優秀選手)
K/P#14  青木大介選手
diary-20150206-1
受賞理由:これまでは、条件が良くなければ力を発揮できなかったが、今季はプレーやゲームの理解が増して、様々な状況に応じたプレーができるようになった。結果として、シーズンを通して、キック・パントともに安定したパフォーマンスを発揮し、チームの勝利に貢献した。

・Rookie of the Year(新人賞)
OL#56 服部真明選手
diary-20150206-2
受賞理由:OLとしては決してサイズに恵まれているわけではないが、ヒットの強さと機動力を持ち合わせ、ルーキーながらスターターの座を確保。寡黙な選手が多いOL陣にあって、闘志を前面に押し出すキャラクターは貴重。今後のディアーズのOLを背負っていく存在。

・Hardest Worker(業務とフットボールを両立した選手)
TE/OL#36/73 藤田雄一選手
diary-20150206-3
受賞理由:努力でサイズ不足を補い、層の薄いOL陣の苦境を何度も救った。状況に一切左右されず、言い訳を一切せず、常に真摯に取り組む姿勢は特筆に値する。チームトップクラスの練習参加率だけではなく、練習以外のトレーニングや準備も欠かすことはない。

・Most Improved Player(最も成長した選手)
DL#48 高木勇海選手
diary-20150206-4
受賞理由:シーズン途中にQBから全く畑違いのDLへコンバート。本人にとっては想像すらしていなかったコンバートであったと思うが、新人らしい意欲的な取り組みメキメキと頭角を現し、秋シーズン中盤には交代出場を果たすまでに至る。まだまだ伸び代は大きく、どこまで化けるか今後が楽しみな存在。

・Most Valuable Player(最優秀選手)
QB#9 加藤翔平選手
diary-20150206-5
受賞理由:パッサーとして技能的な面だけでなく、どのような状況下でも力を発揮する精神的な面でも大きく成長。シーズンを通して、練習・ミーティング・試合、あらゆる局面でリーダーシップも発揮し、名実ともに不動のエースとしてチームを牽引した。

また、テーブル対抗勝ち残り「クイズ大会」も行われました。LIXIL社員・役員の皆さんと選手・スタッフ・チアリーダーがポジションごとにチームを作り、アメフトボールやDEERくんに関するクイズに挑戦しました。さらにクイズの前には、チアリーダーによる応援コールもあり、全員で「Go!Go!LIXIL」コールをしました。最後にはディアーズの日本一優勝を祈願し、三本締めを行い、報告会は終了となりました。
ディアーズを支えてくださるLIXILの社員の方々、応援してくださる全ての皆様に感謝し、2015年シーズンも日本一を目指して頑張ります。2015年もよろしくお願いいたします。

2015-01-30

1月18日(日)健全育成推進国領・調和地区第41回耐寒マラソンに参加しました。
ディアーズの恒例年始めの行事は、オフ期間にはもってこいの4kmのマラソンからスタートします!いつもお世話になっている地域の方々からの声援を受けながらのマラソンは、爽快感と達成感で満たされます。LIXILディアーズとしては初めての参加となりましたが、今年も入部一年目の選手が中心となって元気に参加しました。
参加した選手は、#9加藤選手、#16尾林選手、#28山城選手、#32前川選手、#39大野選手、#41大和田選手、#45伊藤選手、#48高木選手、#53金山選手、#55森選手、#56服部選手、#81田中選手です。伊藤選手は7位、田中選手は10位に入賞です!
今回は、新人の伊藤選手と服部選手の感想をお届けします。

●LB#45 伊藤 玲
初・鹿日記のLB#45の伊藤玲(イトウアキラ)です!
年が明けて4kmという長い距離を走っていなかったので、序盤は体が鈍っていて思ったように動かなかったです(笑)けれども、走っているうちに「前の人を抜いてやる!」と気持ちが燃えて自然と体が動きました!(終盤は言うまでもなく苦しかったです..。)
結果は7位入賞で、自分自身表彰されることはあまり無いので嬉しかったです。
また、年の始めからいいスタートをきることが出来たので去年よりもチームに貢献出来るよう努めたいです!

●OL#56 服部 真明
鹿日記をご覧の皆様、初めまして!OL 服部です。
当日の朝にOLの諸先輩方から体験談を聞き、恐怖心を持ってマラソンに挑みましたが、想像を絶する長さでした・・・。スタートからハイペースで一人置いていかれ、後からスタートした中学生にも当然のように何人も抜かれ・・・スタートからゴールまで断トツの最下位でした。
何度も心が折れそうでしたが、最後尾に着いて下さっていた大会関係者の方、沿道の方からの声援、応援されることってホンマにありがたいなーと、最下位ながらそんなこと感じつつ何とか完走出来ました。最後の直線では、他のディアーズの選手も一緒に走ってくれて、拍手に包まれながらゴールさせていただきとても幸せな気持ちになりました。己の鍛錬と、応援していただけることのありがたみを感じられるとても良い機会でしたが、もうマラソンはお腹いっぱいです。
今回は情けないところばかりお見せしてしまいましたが、今年も日本一目指して頑張りますのでよろしくお願い致します!

diary-20150118-1 diary-20150118-2

diary-20150118-3 diary-20150118-4

diary-20150118-5

2014-10-11

地元での大規模な試合告知やLIXILディアーズとなって初年度ということもあり、今回や、今年から試合を観に来られた方も多いDEERS。10月4日「アメフト in ちょうふ」イベントでは、アメフトにもっと親しんでもらおう!という企画も行いました。ひとつは、公式ルールスタッフ&ディアーズOBによるアメフトルール解説。はじめての方も、もっと詳しく知りたいという方も満足頂ける解説員が観戦をサポートしました。
もうひとつは、アメフトならではの楽しい応援を体感する「めざせ応援マスター!」タイム。チアリーダーと一緒にディアーズの応援方法をマスターして、最も盛り上げてくれた方へ調布にちなんだプレゼントをお渡しするという時間をクォータータイムに設けました。
インタビューに応じて下さった方々のコメントをご紹介します。試合中にも関わらず快く応じて下さり、ありがとうございました。

見事プレゼントをゲットされた方
「シーズン最後のライスボウルまで連れて行ってください!」
「応援してるので頑張ってください。GO GO DEERS!!」
20141011-01

かわいい応援で盛り上げてくれた方
「がんばってください!」「ディアーズすごかった~」
20141011-02

ルール解説コーナーに参加された方
「(9月28日調布駅周辺で行われた)チャリティウォークイベントでディアーズのチラシをもらったので初めて見に来ました。サッカーはよく見に来ているが、同じフットボールでもかなり違う。選手の多さにびっくりしました。地元チームとしてディアーズがんばって!」
20141011-03

ルール解説コーナーに参加された方
「ルール解説を聞いて試合がよく分かるようになった。次のオービック戦も頑張って駆けつけられるようにしたいです」
20141011-04

ルール解説コーナーに参加された方
「柴崎に住んでいて、今回のチラシを見て試合に来ました。ラグビーみたいな感じかと思っていたが全然違っていた。地元から応援しています」(お母様のコメント)
20141011-05 20141011-06

初めてご来場された方の感想をたくさん聞くことができ、大変励みになりました。LIXILディアーズはこれからも地元調布をはじめとする多くの皆さまに応援して頂けるチームとして精進して参ります!

試合中の観客席
20141011-13

2014-10-11

10月4日当日。お天気も気候も良くまさにイベント日和!試合会場までは、DEERくんも描かれた調布市のバナーフラッグの下を通っていくと、アミノバイタルフィールドに到着。
20141011-07

試合会場ではDEERSファンフェスタで毎回人気を博すイベントコーナーを設けました☆
会場入口を抜けると、パンをたくさん抱えたスタッフがお出迎え。「ゴーディアーズ!」の合言葉で柴崎のパン屋さん「コンチェルト」さんのパンをお配りしました。選手もいつもお世話になっているパン屋さんです!
20141011-08

観客席裏側ではアメフト体験ができるコーナーを設置。まずは、オフィシャルパネルの前で記念写真をパチリ♪防具やポンポンを持って選手・チアリーダー気分を味わえます☆
20141011-10

続いては、ボールを的に投げ込みQB体験が出来る「スローイングドリル」、本物のキックティーから蹴る「キックターゲット」、#11前田選手が挑発的にポーズをとる「ビッグ輪なげ」、アメフトの試合といえばスーパーボウル!名前の由来にもなった「スーパーボールすくい」を無料でご提供。特にスローイングドリルは大人も子供も何度もトライしたがる人気コーナーでした!

20141011-09   20141011-12 20141011-11
アメフトボールの持ち方を教える#2中川選手   真剣にボールをすくう子供たちと、妙に店員姿がなじむ佐藤OB
2014-10-11

9月23日、10月4日はDEERSのグラウンドがある調布市での試合開催。これを機に調布に住む方々にもっとDEERSのことを知ってもらおう!試合を通じて地域貢献できることはないか・・・という思いから、10月4日を「アメフト in ちょうふ」~LIXILディアーズ・ホームタウン公式試合開催~としてイベントを企画しました。
まずは、日ごろディアーズを取り上げて下さる地元メディア様や調布市内でのイベントを通じ、試合開催の告知を行いました。
一方、選手、スタッフ、チアリーダー達はグラウンド最寄駅の京王線柴崎駅や調布駅等でイベントチラシを配りながらの試合告知!柴崎駅では歓迎ムード漂うものの、調布駅ではまだまだ低いディアーズの知名度。それでも「調布市のアメフトチーム、LIXILディアーズです!」「今週末は飛田給で試合を行います!」などと呼びかけをしながらチラシを配ると、わざわざ戻ってきてチラシを受け取ってくださる方や、「普段は野球をよく見てるけど、調布にあるチームなら見に行ってみようかな」と声をかけて下さる方がいたりして、こうした活動は地道だけど大切だな~と思ったのでした。
開催にあたり、調布市役所様、市民支援活動センター様、調布FM様、J:COM様、調布経済新聞様、ちょうわ地区協議会の皆さま、柴崎駅周辺のお店の皆さま、ありがとうございました!

チーム総出で試合告知!   試合の案内をする#9加藤選手
20141011-14   20141011-15
2014-08-07

diary20140719  diary-20140719-2

7月19日、川崎市多摩区の向ヶ丘遊園駅前で行われた「第16回民家園通り商店会夏まつり」にLIXIL DEERSが参加しました。このおまつりへはXリーグが川崎市のイベントとして協力参加し、DEERSと同じCentralディビジョンに所属する太陽ビルマネジメントクレーンズさんとでお手伝いをしてきました。

午後3時、向ヶ丘遊園駅前にスタッフ陣が集合。DEERSからは森HC、DEERS OB/OGの岩本、満田、宮本、チアSakura、Shioriが参加しました。

今回出展するのは的に向かってアメフトボールを投げ込む「QBチャレンジ」と、アメフト防具の展示です。早速力を合わせて器具をセッティングし、市内中学生の吹奏楽や阿波踊りのパレードが通り過ぎておまつり開始です!

開始後早々、ゲーム参加特典のうまい棒に惹かれたのか、森HCの「とりあえずやっとこ!」との何かオーラを感じさせる勧誘に引き込まれたのかは謎ですが、ブースには小学生を中心とした行列が。
クレーンズさんの元気のいい盛り上げの声が沿道に響き、何やってるの?とブースを覗き込むお客さんも大勢いらっしゃいました。

行列の待ち時間には、Sakuraがすかさず子どもたちにヘルメットをかぶらせていたのが功を奏したのか?、防具展示コーナーではショルダーとヘルメットを身に着けた子どもたちの撮影が盛り上がりました。昔アメフトをプレーしていた、親戚がアメフトをやっていると話してくださった方も相当数おり、アメフトの街川崎を感じさせました。

私はといえば、最初はXリーグPRうちわをお配りしていたのですが、協会の方も驚くほどのスピードでそれが無くなっていき、DEERSの紹介チラシも早々に完売御礼!最後はゲームに参加したお子さんの親御さんに川崎市内ジュニアアメフト・フラッグチームの紹介チラシをお渡ししていたところ、「子どものチームもあるんだー!」と言いながらご覧になっていたのが印象的でした。

この日ゲームに参加してくれた子どもたちからアメフトを始める子が少しでもいてくれるといいですね。

文責 チアスタッフ 宮本

diary-20140719-3  diary-20140719-4

1 3 4 5 6 7
トップページに戻る