TOP > 試合情報 > 試合結果
2015年5月3日(日) 春季交流戦
LIXILディアーズ vs 東京ガスクリエイターズ
会場:富士通スタジアム川崎 / 試合開始時刻:14:00 / 試合終了時刻:16:01
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LIXIL DEERS 3 0 7 17 27
東京ガス 0 0 3 7 10

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
LIXIL 1 11:31 FG #14青木 30
東京ガス 3 08:11 FG #49一木 24
LIXIL 3 10:33 RUSH #22岡部 15 KICK #29丸田 G
LIXIL 4 02:06 FG #14青木 32
東京ガス 4 04:09 RUSH #8徳島 6 KICK #14一木 G
LIXIL 4 07:16 RUSH #32前川 29 KICK #19碇 G
LIXIL 4 09:59 RUSH #30山脇 15 KICK #7宮本 G

 

LIXIL 東京ガス
ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 15 (8 - 6 - 1) 14 (5 - 9 - 0)
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
29 - 17 - 2
143Yds
29 - 14 - 2
180Yds
(ラン) 回数 - 獲得ヤード 25 - 134Yds 32 - 134Yds
(攻撃) 回数 - 獲得ヤード 54 - 277Yds 61 - 314Yds
(反則) 回数 - 損失ヤード 5 - 35Yds 2 - 20Yds
(ファンブル) 回数 - 喪失 0 - 0 2 - 1
(フィールドゴール) 回数 - 成功 2 - 2 1 - 1
TIME OF POSSESSION 23:05 24:55

 

解説 by ルールスタッフ 浅野利三郎

1Q

2015年の初戦(東日本交流戦)は、春の日差しを一杯に浴びて、新装なった川崎球場(富士通スタジアム川崎)で、LIXILのキックオフで試合開始となる。
東京ガス(以下東ガス)最初の攻撃で15ydラン、33ydパス等でディアーズ陣29ydまで攻込まれるが、DL#52平澤のQBへのラッシュやDL#48高木・DL#91倉持のロスタックルで前進を許さず、4thダウンギャンブルのパスも失敗に終わらせる。
LIXIL最初の攻撃はQB#16尾林からWR#7宮本への9ydパスが通す。しかし、反則での罰退もあり、1stダウンを奪えずパントとなる。
東ガス次の攻撃にDB#24佐野がインターセプト、30ydをリターンして相手陣26ydからの攻撃となる。
ディアーズはQB尾林からWR#2中川に4yd、WR#85鈴木に15ydのパスを通してゴールラインまで7ydまでに迫る。タッチダウンを奪えなかったもののK#14青木が30ydのフィールドゴールを確実に決めて先制する。(3-0)

2Q

東ガスの攻撃は前進を許さず、パントに追い込む。
LIXILの攻撃はRB#29丸田の3ydラン、QB尾林からWR宮本への6ydパス、RB#20岩倉の9ydラン、WR#15島への11ydパスで前進するが、後が続かずパントとなる。
東ガスの攻撃にLB#43小野里のロスタック等で1stダウンを与えずパントに追い込むが、LIXILの攻撃も1stダウンを奪えずパントとなる。
東ガスに14ydラン、24ydパス、7ydラン、18ydランでLIXIL陣25ydまで攻込まれるが、次のパス攻撃にLB#37大舘がインターセプトを奪いピンチを凌ぐ。
前半残り時間1分1秒からのLIXILの攻撃は、QB尾林がWR#18永川に17yd・7ydのパスを通すが、次のパスをインターセプトされ、前半が終了する。

3Q

後半最初の東ガスのキックオフにWR中川が37ydをリターンし、LIXILは相手陣48ydから攻撃となる。RB#22岡部が3yd・6ydを、RB#32前川が7ydを走り、QB尾林がWR中川に6ydパスを通すが、次の攻撃でインターセプトを奪われてしまう。
東ガスのラン攻撃で2yd・3yd・18yd・8ydを走られた後、8yd・3yd・7ydのパスを通されてLIXIL陣8ydで1stダウンとなる。しかし、ここからの攻撃を凌いで、フィールドゴールの3点の失点に食い止め、逆転を許さない。(3-3)
次の東ガスのキックオフにWR#27小川が14ydをリターンする。LIXILはQB尾林がWR#6長島に28ydパス、RB岡部の4ydラン、WR島に4ydパス、RB#28山城の5ydランで相手陣15ydに迫る。ここから、RB岡部の15ydランで待望のタッチダウンを奪い取る。トライフォーポイントのキックはRB丸田がキッチリと決める。(10-3)

4Q

東ガスの攻撃をパントに追い込むと、パントスナップが乱れパントがきちんと蹴れずLIXILは相手陣27ydからの攻撃となる。
LIXILはQB尾林の12ydラン、WR島への8ydパスで前進し、最後はK青木が32ydのフィールドゴールを決めて追加点を挙げる(13-3)
東ガスの攻撃で11ydパスを通された後、DE#55森がQBサックを決める。しかし、38ydパス、12ydパスの後、6ydのタッチダウンランを奪われる。(13-10)
LIXILはQB尾林がWR#81田中に14ydパス、RB岡部の8ydラン、WR鈴木に13ydパスで前進し、最後はRB前川が29ydのタッチダウンランを奪い取る。(20-10)
東ガスの攻撃はDL#49藤田のQBサック等で、1stを与えずパントに追い込む。
LIXILはRB山城の5yd・5ydラン、QB尾林の5ydラン、RB岡部の11ydランで前進し、最後はRB#30山脇が15ydのタッチダウンランで点差を広げる。PATのキックはWR宮本がキッチリと決める。(27-10)
残り時間2分1秒、東ガスの最後の攻撃で22ydを走られるが、次の攻撃でDL高木がQBサックを決める。しかし、4thダウンギャンブルで18ydパスを通され、更に11ydパスでゴール前7ydに迫られる。次のラン攻撃に強烈なタックルでファンブルを誘うと、LB#58上山がリカバーして試合終了となる。

ニュース一覧に戻る  トップページに戻る