TOP > 試合情報 > 試合結果

2015年11月15日(日) セカンドステージ第二節

LIXILディアーズ vs 富士通フロンティアーズ
会場:横浜スタジアム / 試合開始時刻:14:30 / 試合終了時刻:17:22
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LIXILディアーズ 0 7 10 7 24
富士通フロンティアーズ 10 10 7 7 34

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 06:37 PASS #3キャメロン→#17秋山 8 KICK #11西村 G
富士通 1 12:05 FG #11西村 20
富士通 2 12:08 FG #11西村 48
LIXIL 2 12:26 KOR #11前田 100 KICK #14青木 G
富士通 2 13:43 RUSH #3キャメロン 8 KICK #11西村 G
LIXIL 3 04:52 FG #14青木 40
LIXIL 3 07:02 RUSH #29丸田 8 KICK #14青木 G
富士通 3 10:04 RUSH #29ゴードン 47 KICK #11西村 G
富士通 4 05:41 PASS #3キャメロン→#17秋山 10 KICK #11西村 G
LIXIL 4 09:15 PASS #9加藤→#84吉田 10 KICK #14青木 G

 

LIXILディアーズ 富士通フロンティアーズ
ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 22 (5 -16 - 1) 27 (11-16 - 0)
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
50 - 27 - 4
300Yds
48 - 35 - 1
304Yds
(ラン) 回数 - 獲得ヤード 25 - 88Yds 31 - 233Yds
(攻撃) 回数 - 獲得ヤード 75 - 388Yds 79 - 537Yds
(反則) 回数 - 損失ヤード 2 - 13Yds 5 - 40Yds
(ファンブル) 回数 - 喪失 0 - 0 2 - 1
(フィールドゴール) 回数 - 成功 2 - 1 3 - 2
TIME OF POSSESSION 27:13 32:47

 

解説 by ルールスタッフ 浅野利三郎

1Q

 2015年の秋季リーグ戦2ndステージ第2戦は、FINALステージ進出を賭けて雨上がりの横浜スタジアムでLIXILのキックオフで試合開始となる。
 富士通最初の攻撃は、31yd・18yd・15yd・8ydのパスを通され、LIXIL陣10ydに迫られるが、LIXILディフェンス陣が頑張り、フィールドゴールも失敗に終わらせる。
 LIXIL最初の攻撃は1stダウンを奪えずパントとなる。
 次の富士通の攻撃で12ydラン・6ydパス・11ydパス・14ydパスでLIXIL陣8ydに攻め込まれ、ここから先制のタッチダウンパスを奪われる。(0-7)
 LIXILの次の攻撃も、1stダウンを奪えずパントとなる。
 富士通に6ydラン・11ydラン、14ydパス・4ydパス・5ydパスで前進を許し、タッチダウンは阻止するものの、フィールドゴールを決められる。(0-10)
 LIXILはQB#9加藤がWR#18永川に15ydパスで1stダウンを更新すると、RB#32前川の9ydラン・RB#29丸田の3ydランで前進する。

2Q

 LIXILはQB加藤からWR永川への13ydパスの後、WR#11前田がリバースランで10ydを走る。この後RB前川のランなどで相手陣23ydに迫り、  フィールドゴールを狙うがキックをブロックされ、失敗に終わる。
 富士通に18ydラン・12ydパス・13ydパス・8ydパス・5ydパス・3ydパス・8ydラン等でLIXIL陣1ydまで攻め込まれるが、 LIXILディフェンスが4thダウンギャンブルを含む4回の攻撃を止め、追加点を許さない。
 LIXILの自陣3ydからの攻撃がパントとなると、富士通に4yd・7yd・2yd・1yd・3ydのパスを通され、48ydのフィールドゴールで追加点を許す。(0-13)
 LIXILは富士通のキックオフに、WR前田が相手タックルをすり抜け、100ydのリターンタッチダウンを奪い取る。(7-13)
 しかし、次の富士通の攻撃を止められず、9ydパス・17ydパス・32ydラン・8ydランでタッチダウンを奪われる。(7-20)
 前半残り時間1分12秒、LIXILはRB丸田の7yd・7ydラン、QB加藤からWR#2中川に23ydパス・WR永川に35ydパスで相手陣5ydに迫り、残り時間1秒からエンドゾーンにタッチダウンパスを試みるがインターセプトを奪われ、前半が終了する。

3Q

 後半最初のLIXILの攻撃は、1stダウンを奪えずパントとなるが、次の富士通の攻撃でファンブルを誘い、LB#17天谷がリカバーする。
 LIXILはQB加藤がTE#84吉田に20yd、WR#85鈴木に8yd、WR#7宮本に7yd、WR鈴木に9ydパス、RB丸田の7ydランの後K14青木が40ydのフィールドゴールを決める。(10-20)
 富士通の攻撃にDB#24佐野がインターセプト奪い取る。
 LIXILは相手陣35ydからの攻撃でRB丸田の5ydラン、TE吉田への17ydパス、QB加藤の6ydランの後、RB丸田が8ydのタッチダウンランを奪い取る。(17-20)
 しかし、富士通のラン攻撃が止められない。6yd・6yd・7yd・7yd・5ydのランの後、47ydのタッチダウンランを奪われる。(17-27)
 両チームがパントを蹴りあった後、LIXILはRB丸田の7ydランの後、RB前川へのショベルパス等で相手陣35ydに迫るが、4thダウンギャンブルを止められる。
 

4Q

 富士通の時間を掛けた5分41秒の攻撃で、タッチダウンを奪われる(17-34)
 LIXILはQB加藤がWR前田に6yd・WR永川に11yd・WR中川に29yd・WR宮本に5ydパス、そしてTE吉田への10ydのタッチダウンパスを成功させる。(24-34)
 次のLIXILのオンサイドキックオフはWR中川がリカバーし、攻撃権を獲得する。しかし、LIXILの必死のパス攻撃にインターセプトを奪われる。
 富士通の攻撃をパントに追い込み、LIXILの攻撃となるが、またしてもパスをインターセプトとされる。
 残り時間1分54秒からの富士通の攻撃をパントに追い込み、残り時間48秒。LIXIL最後のパス攻撃もインターセプトを奪われ試合終了となる。

ニュース一覧に戻る  トップページに戻る
OFFICIAL SPONSORS