TOP > 試合情報 > 試合結果

2016年10月9日(日) 秋季リーグ 第四節

LIXILディアーズ vs IBMビッグブルー
会場:富士通スタジアム川崎 / 試合開始時刻:11:00 / 試合終了時刻:13:46
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LIXILディアーズ 0 17 14 21 52
IBMビッグブルー 0 28 13 7 48

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
IBM 2 00:02 RUSH #10末吉 15 KICK #8小田倉 G
IBM 2 00:54 FUM #23保宗 48 KICK #11佐藤 G
LIXIL 2 04:16 FG #14青木 34 G
IBM 2 06:41 RUSH #3クラフト 3 KICK #11佐藤 G
LIXIL 2 10:14 PASS #9加藤→#18永川 8 KICK #14青木 G
IBM 2 10:34 PASS #3クラフト→#81栗原 82 KICK #8小田倉 G
LIXIL 2 11:49 PASS #9加藤→#2中川 10 KICK #14青木 G
IBM 3 02:14 RUSH #10末吉 12 KICK #8小田倉 NG
LIXIL 3 04:36 RUSH #31岡部 12 KICK #14青木 G
LIXIL 3 06:27 PASS #9加藤→#11前田 25 KICK #14青木 G
IBM 3 07:31 RUSH #10末吉 29 KICK #11佐藤 G
LIXIL 4 02:57 PASS #9加藤→#7宮本 4 KICK #14青木 G
IBM 4 06:12 PASS #3クラフト→#81栗原 1 KICK #8小田倉 G
LIXIL 4 09:43 PASS #9加藤→#15呉田 4 KICK #14青木 G
LIXIL 4 11:18 PASS #9加藤→#2中川 5 KICK #14青木 G

 

LIXILディアーズ IBMビッグブルー
ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 30 (7 - 20 - 3) 29 (7 - 20 - 2)
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
52 - 37 - 0
442Yds
40 - 26 - 4
417Yds
(ラン) 回数 - 獲得ヤード 35 - 131Yds 24 - 118Yds
(攻撃) 回数 - 獲得ヤード 87 - 573Yds 64 - 535Yds
(反則) 回数 - 損失ヤード 9 - 72Yds 5 - 52Yds
(ファンブル) 回数 - 喪失 1 - 1 1 - 1
(フィールドゴール) 回数 - 成功 2 - 1 0 - 0
TIME OF POSSESSION 28:34 19:26

 

解説 by ルールスタッフ 浅野利三郎

1Q

 2016年秋季レギュラーシーズン第4戦は富士通スタジアム川崎で、朝の豪雨が小雨で残る中、IBMのキックオフで試合開始となる。
LIXIL最初の攻撃はRB#32前川の3yd・2ydのラン、QB#9加藤の6ydランで1stダウンを奪うが、後が続かずパントとなる。
IBM最初の攻撃で、8ydパスを3回通されるがランを止めてパントに追い込む。
LIXILはRB#29丸田が1yd・4ydを走ると、QB加藤がWR#7宮本に22ydパス、WR#85鈴木に17ydパスを通す。更にRB丸田が8ydを走り、QB加藤がWR#18永川に8yd、WR#2中川に16ydパスを通して、相手陣9ydに迫る。しかし、ここからの攻撃でタッチダウンが奪えず、フィールドゴールもポールに弾かれ先制点が奪えない。
IBMの攻撃に11ydパスを通されるが、LB#5桑澤・LB#17天谷の二人がQBサックで8ydをロスさせる。しかし、22ydパス・4ydラン・3ydラン・9ydパス・10ydパス・7ydパスを通され、LIXIL陣15ydまで攻め込まれる。

2Q

 第2Q最初のプレーで、IBMに15ydのタッチダウンランを奪われ先制点を許す。(0-7)
LIXILの攻撃は短いパスを通すが、パスキャッチ後のタックルでボールをファンブル、このボールを拾われ48ydのリターンタッチダウンを奪われる。(0-14)
LIXILは相手キックオフにWR#11前田が36ydをリターンすると、QB加藤がWR永川に14ydパス・5ydパスを通す。RB丸田が5ydを走り、WR前田が7ydパスをキャッチする。タッチダウンは奪えないものの34ydのフィールドゴールをK#14青木が決める。(3-14)
IBMの攻撃で15ydパス・17ydパス・13ydラン・21ydパスと4プレーでLIXIL陣9ydに迫られ、最後は3ydのタッチダウンランを奪われる(3-21)
LIXILは1stダウンを奪えずパントとなるが、相手リターンにDB#34奥野がファンブルフォースのタックル、RB丸田がボールを確保し、再びLIXILの攻撃となる。
このチャンスにQB加藤がWR永川への37ydパスを通し、最後はWR永川に8ydのタッチダウンパスを決めて点差を詰める。(10-21)
IBMの攻撃が止められず、82ydのタッチダウンパスを奪われる。(10-28)
前半残り時間1分26秒、LIXILはQB加藤のパスが冴える。WR宮本に16yd、WR中川に4yd、WR#81杉田に10yd、WR鈴木に16yd、WR永川に7yd、WR#15呉田に11ydのパスを通し、最後はWR中川に10ydのタッチダウンパスを成功させる。(17-28)

3Q

 後半に入ってもIBMの攻撃が止められない。6ydパス・7ydラン・12ydパス・4ydラン・12ydパス、最後は12ydパスでタッチダウンを奪われる。しかし、トライフォーポイントのキックをDB奥野がブロックし6点の失点に留める。(17-34)
LIXILも反撃する。RB#31岡部が7ydラン、QB加藤がWR中川に26パス、WR永川に9yd・7ydのパス、WR鈴木に18ydパスで相手陣12ydに迫ると、RB岡部が12ydのタッチダウンランを奪い取る。(24-34)
LIXILのキックオフで、DB#26脇がナイスタックルを決めると、次のラン攻撃にはLB#42牧内が強烈なタックルで前進を許さない。続くパス攻撃にはDB#24佐野がインターセプトを奪い取る。
LIXILはQB加藤がWR宮本に13ydパスを通すと、次のパスをWR前田キャッチ後、左隅ぎりぎりに25ydを走り込み、タッチダウンを奪い3点差に迫る。(31-34)
しかし、IBMの攻撃が止められない。11ydパス・9ydランの後、29ydのタッチダウンランを奪われ再び10点差となる。(31-41)
LIXILの攻撃がパントとなると、IBMに37ydパス・4ydラン・4ydラン・20ydパスを決められ、LIXIL陣15ydに迫られたところで最終の第4Qとなる。

4Q

 IBMがタッチダウンを狙ってエンドゾーンに投げ込まれたボールをDB佐野がこの試合2本目となるインターセプトを奪い取り、ピンチを凌ぐ。
LIXILはRB岡部の6ydランの後、QB加藤がWR宮本に37yd、WR中川に7yd・7yd、WR鈴木に15yd・8ydとパスを通し、最後はWR宮本に4ydのタッチダウンパスを通し、再び3点差に迫る。(38-41)
IBMも反撃する。3ydラン・9ydパス・14ydラン・2ydラン・6ydパス・8ydパス10ydパス・9ydラン、そして1ydのタッチダウンランで再度10点差となる。(38-48)
試合時間残り5分48秒、LIXILが必死の反撃を試みる。QB加藤はWR中川に15yd、WR宮本に7ydパスを通すと、自らが12ydを走る。更にWR鈴木に8ydパス、RB前川が8ydラン、WR呉田に4ydパス、RB丸田に8ydパス、WR中川に18ydパスを通すと、最後はWR呉田に4ydのタッチダウンパスを成功させ、3点差に詰め寄る。(45-48)
試合時間残り2分17秒、IBMに23ydパスを通され、時間を使った攻撃を仕掛けられる。相手QBキープランにDL#1平澤がロスタックルを決めると、次のQBキープランにもLB天谷がロスタックルを決める。続くパス攻撃にLB#10安藤がインターセプトを奪い取り、27ydをリターンする。
試合時間残り1分00秒、LIXILは相手陣19ydからの攻撃となる。QB加藤が14ydを走って相手陣5ydに迫ると、WR中川に5ydの逆転のタッチダウンパスを成功させ、この試合初めてリードする。(52-48)
試合時間残り42秒、IBMが最後の反撃を試みる。2本の20ydパスを通された後、意表を突く10ydランでLIXIL陣24ydに迫られる。残り時間4秒。逆転を狙ってエンドゾーンに投げ込まれたパスをLB安藤がインターセプトし、試合終了となる。

ニュース一覧に戻る  トップページに戻る