TOP > 試合情報 > 試合結果

2017年11月11日(土) JXBトーナメント クォーターファイナル

LIXILディアーズ vs IBMビッグブルー
会場:横浜スタジアム / 試合開始時刻:17:10 / 試合終了時刻:19:43
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LIXILディアーズ 7 14 3 7 31
IBMビッグブルー 10 10 15 16 51

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
IBM 1 00:16 INT #5コグラン 32 KICK #11佐藤 G
LIXIL 1 00:31 KOR #11前田 96 KICK #14青木 G
IBM 1 02:37 FG #11佐藤 26
IBM 2 01:00 PASS #3クラフト→#81栗原 1 KICK #11佐藤 G
LIXIL 2 04:35 RUSH #9加藤 2 KICK #14青木 G
IBM 2 09:55 FG #11佐藤 38
LIXIL 2 10:47 INT #24佐野 42 KICK #14青木 G
IBM 3 00:21 RUSH #10末吉 80 RUSH #40スタントン G
LIXIL 3 01:28 FG #14青木 30
IBM 3 02:33 PASS #3クラフト→#18上廣 4 KICK #11佐藤 G
IBM 4 01:30 PASS #3クラフト→#40スタントン 6 KICK #11佐藤 G
LIXIL 4 03:20 PASS #9加藤→#11前田 16 KICK #14青木 G
IBM 4 05:35 PASS #3クラフト→#19鈴木 13 KICK #11佐藤 G
IBM 4 10:14 SAF

 

LIXILディアーズ IBMビッグブルー
ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 12 ( 3 - 7 - 2) 24 ( 9 - 13 - 2)
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
34 - 19 - 1
164Yds
40 - 29 - 1
272Yds
(ラン) 回数 - 獲得ヤード 21 - 48Yds 36 - 228Yds
(攻撃) 回数 - 獲得ヤード 55 - 212Yds 76 - 500Yds
(反則) 回数 - 損失ヤード 3 - 20Yds 5 - 40Yds
(ファンブル) 回数 - 喪失 2 - 2 0 - 0
(フィールドゴール) 回数 - 成功 1 - 1 3 - 2
TIME OF POSSESSION 20:01 27:59

 

解説 by ルールスタッフ 浅野利三郎

1Q

 2017年決勝トーナメント準々決勝は、北風の吹く初冬の横浜スタジアムのナイター戦で、IBMのキックオフで試合開始となる。
LIXIL最初のパス攻撃で、いきなりインターセプトタッチダウンを奪われる。(0-7)
しかし、IBMのキックオフでWR#11前田が96ydのリターンタッチダウンを奪い返し、試合開始僅か31秒で同点に追いつく。(7-7)
LIXILの意表を突くK#51小野のオンサイドキックは成功せず、IBMはLIXIL陣49ydからの攻撃となる。15ydパス・8ydパスを決められるがDB#24佐野がパスキャッチ後の素早いロスタックルを浴びせる。この後16ydパスを通されLIXIL陣9ydに攻め込まれるが3回のパスを失敗に終わらせ、フィールドゴールの失点に留める。(7-10)
LIXILはQB#9加藤がWR#15田邊に24yd、WR#81杉田に9ydパスを通し、RB#22白神が4ydを走り、相手陣37ydに攻め込む。しかし、ここから23ydパスを成功させるがボールをファンブル、攻撃権を失う。
IBMに4ydパス・7ydラン・7ydランで前進を許すが、LB#54佐藤がQBサックを決めてパントに追い込む。
LIXILもQB加藤が9ydを走るが1stダウンを奪えずパントとなる。
IBMの攻撃を3ydラン・3ydラン・パス失敗でパントに追い込むが、パンターへの接触で反則を取られ1stダウンを更新される。この後、29ydラン・2ydパス・2ydランの後、19ydパスを通され、LIXIL陣1ydに迫られる。

2Q

 IBMの2回のラン攻撃を凌ぐものの、最後はタッチダウンパスを通される。(7-17)
IBMのライナーのキックオフをきちんと処理し、LIXILは自陣49ydからの攻撃となる。QB加藤がWR#18永川に9yd、WR#7宮本に5ydパスのパスを通すと、RB#32前川が2yd、QB加藤が15ydを走る。相手反則で相手陣6ydに迫ると、QB加藤がWR宮本に5ydパス、最後はQB加藤の2ydのタッチダウンランで点差を詰める。(14-17)
IBMの攻撃で7ydラン・6ydランで1stダウンを更新されるが、その後の攻撃を止めてパントに追い込む。
LIXILもQB加藤がWR前田に7ydパス、RB白神の2ydランの後、パスが不成功となり、パントとなる。
IBMに19ydパス・3ydラン・15ydパスでLIXIL陣21ydに迫られるが、エンドゾーン投げ込まれたパスをDB#4矢野がパスカットするなど前進を許さずフィールドゴールの失点に食い止める。(14-20)
LIXILはQB加藤がWR永川に6ydパスを通すが、1stダウンを奪えない。
IBMのパス攻撃で相手WRが地面に着きそうなボールを弾くと、DB佐野がボールをキャッチし、そのままエンドゾーン入り込み42ydのインターセプトタッチダウンを奪い取り、K#14青木がPATを確実に決めて逆転する。(21-20)
前半残り時間1分13秒、IBMに10yd・5yd・16yd・12yd・4ydパス等でLIXIL陣25ydまで攻め込まれフィールドゴールを狙われるが、失敗に終わらせ前半が終了する。

3Q

 後半最初のIBMのラン攻撃で80ydの独走タッチダウンを奪われ、PATでも2点チャレンジのタッチダウンパスを奪われる。(21-28)
LIXILはIBMのキックオフにWR永川が67ydをリターンし、相手陣22ydからに攻撃となる。RB白神が9ydを走って前進し、K青木がフィールドゴールを決める。(24-28)
IBMもLIXILのキックオフに67ydをリターンし、3ydラン・12ydランの後、4ydのタッチダウンパスを決められる。(24-35)
LIXILはQBサックを決められ、1stダウンが奪えずパントとなる。
IBMに6ydパス・10ydパスで1stダウンを奪われるが、DL#1平澤がQBサックを決めてパントに追い込む。
LIXILはQB加藤がWR#83石毛に7ydパス、WR杉田に6ydパスを通すがQBサックを受けて後退し、WR石毛への9ydパスが1stダウンに届かずパントとなる。
IBMに5ydラン・4ydパス・18ydラン・6ydラン・14ydパス・31ydパスでLIXIL陣17ydまでボールを進められたところで、最終の第4Qとなる。

4Q

 IBMのラン攻撃にLB#10安藤がロスタックルを決めるが、10ydラン・2ydランの後、6ydのタッチダウンパスを決められ18点差となる。(24-42)
IBMのゴロのキックオフにLB#5桑澤がボールをキャッチし、LIXILは相手陣47ydからの攻撃となる。QB加藤からTE#8長谷川に1ydパスの後、RB白神が29ydを走る。最後はエンドゾーンに走り込んだWR前田にQB加藤が16ydのタッチダウンパスを成功させ、11点差となる。(31-42)
しかし、IBMに8ydパス・11ysパス・7ydパス・15ydラン・6ydパスの後、13ydのタッチダウンパスを決められ、僅か6回のプレーで再び18点差となる。(31-49)
LIXILはQB加藤の9ydランで前進するも負傷退場となり、QB#12大和田が登場してWR前田に6ydパスで1stダウンを更新する。QBサックの後、WR宮本に7ydパスを通すが1stダウンに至らず、4thダウンギャンブルのパスも失敗に終わる。
残り時間4分24秒、IBMは3回のラン攻撃で時間を使い、パントを蹴る。
残り時間1分59秒、LIXILは自陣7ydからの攻撃で、QBサックで2yd後退した後、更にエンドゾーン内でQBサックを受けセイフティーを奪われる。(31-51)
残り時間1分46秒、LIXILは20ydからのキックオフでオンサイドキックを試みるが失敗し、IBMが3回のラン攻撃で時間を使い、再びパントを蹴る。
残り時間1分12秒、再びQB加藤が登場し、WR宮本に12ydパス、RB白神に14ydパスを通すが、QBサックを受けてファンブル、攻撃権を失い試合終了となる。

ニュース一覧に戻る  トップページに戻る