TOP > 試合情報 > 試合結果

2019年5月4日(土) パールボウルトーナメント第一戦

LIXILディアーズ vs 電通キャタピラーズ
会場:富士通スタジアム川崎 / 試合開始時刻:18:00 / 試合終了時刻:20:06
TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
LIXILディアーズ 0 7 10 3 20
電通キャタピラーズ 0 0 0 0 0

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
LIXIL 2 04:46 RUSH #39大野 5 KICK #14青木 G
LIXIL 3 01:53 RUSH #39大野 18 KICK #14青木 G
LIXIL 3 11:49 FG #14青木 21
LIXIL 4 06:51 FG #14青木 42

 

LIXILディアーズ 電通キャタピラーズ
ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 14 ( 8 - 5 - 1) 4 ( 2 - 1 - 1)
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
31 - 15 - 3
101Yds
19 - 4 - 1
24Yds
(ラン) 回数 - 獲得ヤード 30 - 93Yds 27 - 14Yds
(攻撃) 回数 - 獲得ヤード 61 - 194Yds 46 - 38Yds
(反則) 回数 - 損失ヤード 4 - 25Yds 3 - 45Yds
(ファンブル) 回数 - 喪失 0 - 0 2 - 0
(フィールドゴール) 回数 - 成功 2 - 2 0 - 0
TIME OF POSSESSION 26:17 21:43

 

解説 by ルールスタッフ 浅野利三郎

1Q

2019年の開幕戦は、雷の影響で試合開始時間が1時間遅れるも、雨が止んだ富士通スタジアム川崎で、電通キャタピラーズ(以下、電通)のキックオフで試合開始となる。 LIXIL最初の攻撃は、RB#39大野の4ydランの後、QB#8石井の6ydランで1stダウンを獲得するが、その後の攻撃が続かず、パントとなる。
電通最初の攻撃は、1stダウンを与えずパントに追い込む。 LIXILの攻撃は相手反則とRB大野の3ydランで相手陣24ydに迫るが、ここからタッチダウンを狙ったパスをエンドゾーン内でインターセプトされてチャンスを逃す。
電通の攻撃で12ydランの前進を許すが、LB#52染矢がQBサックを決めてパントに追い込と、WR#26小川がサイドライン際を15ydリターンする。 LIXILはWR#15田邊の6ydラン、QB石井からWR#81杉田への10ydパス、RB大野の9ydランで相手陣49ydまで前進する。

2Q

LIXILは2回のパスを失敗し4thダウンとなるが、RB大野の4ydランで1stダウンを更新する。QB石井がWR杉田への4ydパスを通すが、その後のパスを失敗し再び4thダウンとなる。ここから、RB大野の10yd・15ydラン、RB#34宮山の12yd・1ydランで相手陣5ydに迫ると、RB大野のタッチダウンランで先制する。(7-0)
電通の攻撃はDB#27杉本のQBサック等で1stダウンを与えない。 LIXILはランプレーで2ydをロスし、QB石井からWR#18永川への12ydパスを通すが次のパス攻撃でも1stダウンに至らず、4thダウンギャンブルに失敗する。
電通の攻撃には1stダウンを与えずパントに追い込む。 前半残り時間1分36秒、LIXILはQB石井がパス攻撃を仕掛ける。WR#83石毛に7yd、WR#11前田に8yd、WR田邊に8yd・6ydとパスを通すが次のロングパスをインターセプトされ前半が終了する。

3Q

後半最初のLIXILのキックオフでオンサイドキックを仕掛け、LB#30篠原がボールを確保し、LIXILが自陣48ydからの攻撃となる。LIXILはRB宮山の4yd・10ydランの後、QB石井がWR石毛に19ydパスを通し相手陣18ydに迫ると、RB大野が中央を突破して18ydのタッチダウンランを奪い取る。(14-0)
電通の攻撃は1stダウンを与えずパントに追い込むが、LIXILも1stダウンが奪えずパントとなる。 次の電通の攻撃ではDL#94朝倉のロスタックル、DL#50倉持の連続のロスタックルでパントに追い込むがLIXILも1stダウンが奪えない。
更に次の電通の攻撃でもLB#54佐藤がロスタックルを決めてパントに追い込むと、DB#20鈴木がパントブロック、LIXILは相手陣11ydからの攻撃となる。 LIXILはQB石井がWR石毛に9ydパスを通して相手陣4ydに迫り、K#14青木が21ydのFGを確実に決めて点差を広げる。(17-0)
電通のキックオフリターンには、WR#80瀬尾が強烈なタックルを浴びせる。

4Q

電通に7ydパスを通されるが、DL#92有藤のQBサックでパントに追い込む。 LIXILはQB石井がWR小川に5ydパス、RB#32三浦の6ydランで1stダウンを更新するが、後が続かずパントとなる。 電通の攻撃にはDL有藤がQBサックを決めてパントに追い込むと、WR小川が相手タックルを跳ね除けて15ydリターンし、相手陣42ydからの攻撃となる。
LIXILはQB石井からWR田邊への12yd、WR杉田への5ydパスで前進し、最後はK青木が42ydのフィールドゴールを決めて点差を広げる。(20-0)
電通は自陣41ydから4thダウンギャンブルを仕掛けるが、LB#35清水がQBサックに仕留める。 LIXILの攻撃でパスをインターセプトされて電通の攻撃となるがLB清水がロスタックルを決めてパントに追い込む。 試合時間残り2分15秒、LIXILはRB#22松下とRB三浦のランで時間を消費し、電通最後の攻撃は、DB鈴木がパスインターセプトを決めて試合終了となる。

ニュース一覧に戻る  トップページに戻る
OFFICIAL SPONSORS