TOP >ニュース
2023年12月27日
2023年シーズン終了のご挨拶 ―キャプテン・バイスキャプテン―


■キャプテン RB#1 宮幸 崇
今シーズンも応援頂き有難う御座いました。
目標をライスボウルトーナメント出場と掲げて臨んだシーズンでしたが、 結果としてリーグ戦では引分けを除き全敗で終了。そのままリズムを変える事が出来ず入替戦も敗戦し X1Areaへ降格となりました。
リーグ戦の試合内容としては前半リードしつつも、 後半に逆転される展開が多く勝ち切れない展開が続きました。目の前の1プレイを120%でやろうとチーム全体で取組みましたが、 全てのプレイで体現出来なかった結果が今シーズンの全てだと思っています。
しかし一方で有望な新人の入団もあり強豪相手にも戦えるチカラは付いてきていると実感しています。 来年はX1Areaでの戦いとなりますが、最短でX1Superに昇格し、X1Superでもしっかりと戦える組織作りを来年行います。
来年も応援宜しくお願い致します。
今シーズンも本当有難う御座いました。

■バイスキャプテン DB#10 中山 純
2023年シーズン応援有難う御座いました。
結果、応援して下さる皆様の期待を裏切る様な形となり、申し訳なさで一杯の気持ちです。
皆様の応援が毎試合本当にエネルギーとなり、試合のどんな場面でも我々を奮い立たせてくれました。 本当に感謝しています。有難う御座いました。
ディフェンスユニットとしては若いメンバーが中心でしたので、 目標はシンプルにとにかく熱量を出して強いタックルをする事、 強いヒットをしてフィールドにどデカいSoundを響き渡せる事、 全力を出す事で今まで自分が経験した事ない様なプレイを自分自身で巻き起こして強い成功体験を作る事、 これに徹してきた一年でした。
勿論若いメンバー中心に成長し、ユニットとしても纏まりは出ましたが、 要所で相手にゲインを許してしまう、後半にかけ集中が途切れるなど粗い部分も出てしまい、 結果として勝ち切る事が出来なかったのは、ユニットとしての完成度を上げきれなかった結果と言わざるを得ません。
来年は各個人の能力向上は勿論、ユニットとして拘るポイント、 ゲームプラン、リクルーティングなど広く目を向け粗さを磨き、勝負所で勝ち切れるチームとなります。
改めまして、今シーズンは応援有難う御座いました。

■バイスキャプテン LB#45 矢口 俊太
今シーズン熱い、応援ありがとうございました。
毎試合、全力で熱い声援を贈って頂き、感謝しています。
パワー頂きました。
勝利を届けられなかった事、とても悔しいです。
我々ディフェンスは1年間、本気を出し続けることに挑戦してきました。
チームの目標である「ライスボウルトーナメント進出」を達成する為に、日々全力で挑み、 情熱、気力、モチベーションをもって本気で、フットボールと向き合ってきましたが、結果はX1Area降格となりました。
この結果をしっかりと受け止めて、我々は成長をしなければなりません。
勝つ事が全て。自分たちの弱さとしっかり向き合い、勝てるチームになります。
今シーズン、熱い応援ありがとうございました。

■バイスキャプテン OL#76 峰尾 真浩
今シーズンもDEERSを応援いただきありがとうございました。
今シーズンは「ライスボウルトーナメント進出」を目標に掲げておりましたが、 結果はX1Areaに降格といったものになってしまいました。
宮幸キャプテンを中心に「目の前の1プレイに120%を出し切る」といったキーワードをもとに今シーズンは頑張ってまいりました。
自分もバイスキャプテンとして、オフェンスのメンバーにはよく、目の前の1プレイに自分の出せる全力を出していこう。 その1プレイ1プレイの積み重ねがタッチダウンに繋がり、それがチームの勝利に繋がると伝えて日々の練習や試合に臨んできました。
シーズンを戦う中で、自分達は劣っていないと、自分達のやっていることは間違っていないと思ってやっていました。 しかし、納得するような結果を出すことはできず、最悪な結果である降格となってしまいました。
チームを良い方向に向けることができたとは思いますが、勝つことができず、結果に結びつくことができなかったこと、 もっと勝てるチームにすることができなかったことに自分の力足らずで責任を感じるとともに、 応援してくださった皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
最後まで応援してくださった皆様には感謝の言葉しかありません。また来年も引き続き応援していただけたら幸いです。
今シーズン、応援していただきありがとうございました。

中川ヘッドコーチ挨拶


ニュース一覧に戻る  トップページに戻る
OFFICIAL SPONSORS